FC2ブログ

「仏教への旅〜インド編」を読んでみた

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

著書「仏教への旅 インド編」を読んでみた

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

著書「仏教への旅 インド編」を読んでみた

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

著書「仏教への旅 インド編」から〜ブッダ最後の旅〜を読んでみた

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

慢との付き合い方

 いったい慢って何でしょうか?
慢って本当にわかりにくいものです。人を自己破壊するところまで陥れますが、慢を巧みに使うなら、解脱に達するまで応援してくれる衝動にもなるのです。
これは、「慢をもって慢を制する」ということです。仏教では、怒りをもって怒りを制するとは言いません。毒をもって毒を制するということはありません。「慢をもって慢を制する」のです。
 
慢をうまく使う
あなたに、このような情報が入ります。「ある比丘が精進努力して、一切の煩悩をたち、心解脱、慧解脱に達し、この世で一切の苦しみを乗り越えている」と。いわゆる、誰かが完全に悟ったという情報が入ります。このとき、「kimangam panahaniti」と思ってください。
「kimangam panahaniti」という言葉は、なかなか難しいパーリ語で、英語では「Why not me!」となります。意味は、「なんで私にできないのか!」「私にもできるはず!」「私にできないはずがない!」ということです。誰かが覚ったと知ったときにはそのように思いなさい、と。慢を拠りどころにして、慢を断つのです。
そこで、「立派な人と等しくなりたい」というのは、とんでもない高慢です。でも、この高慢をうまく使うなら、本当に自分も立派な人と等しい人格者になるのです。
このようにして、慢で慢を制することができるのです。

〜小冊子
「慢とのつきあい方」(2016年パティパタ付録)〜






仏教ブログ

meisou358

Author:meisou358
テーラワーダ仏教ブログへようこそ!

天気予報

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
雪が3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR